東京都港区では、238件の保険屋さんの情報があります。

【最終更新日:2019-06-06】

more

掲載しておりますリストは、港や保険屋のほか 東京都 と事業活動総合保険、学資保険、保険商品、地震保険、自動車任意保険、入院保険、医療保険、生涯設計、賠償責任保険などのワードよりインターネットで独自に検索した港区のデーターになります。
信頼できる情報発信に努めて、保険加入にお悩みの皆様のお役にたてればと思っております。

リスト上の不備や口コミ評判がありましたら、お問い合わせよりご連絡ください。

港区
東京海上日動火災代理店リスクマネジメントスズキの連絡先など

東京海上日動火災代理店リスクマネジメントスズキ

東京海上日動火災代理店リスクマネジメントスズキさんの評判などが検索できます!
住所 東京都港区芝大門2丁目1-6
電話番号 03-3431-2300
最寄駅 都営大江戸線 大門駅

続きを読む

港区
(株)かんぽ生命保険麻布支店の口コミなど

(株)かんぽ生命保険麻布支店

(株)かんぽ生命保険麻布支店さんの口コミなどが見れます!
住所 東京都港区麻布台1丁目6-19
電話番号 03-3583-9928
最寄駅 東京メトロ日比谷線 神谷町駅

続きを読む

港区
(株)ライフィの連絡先など

(株)ライフィ

(株)ライフィさんの情報を詳しくご紹介しております!
住所 東京都港区芝浦2丁目17-13
電話番号
最寄駅 JR山手線 田町駅

続きを読む

港区
アクトフォー保険代理店の営業情報など

アクトフォー保険代理店

海外旅行保険、海外留学・ロングステイ保険、国内旅行保険オンライン契約対応、総合保険代理店株式会社アクトフォー海外・国内旅行保険オンライン契約、企業や個人の損害保険・生命保険の信用度の高い保険会社を取扱うリスクコンサル[…]

続きを読む

社労士教科書 最短合格 300の技【労働保険】編 2006年版

PR:おすすめ書籍

社労士教科書 最短合格 300の技【労働保険】編 2006年版

翔泳社
価格:¥ 2,730
【著者略歴より)】
河野 順一 社会教育家。江戸川労務管理事務所所長、全国青年社会保険労務士連絡協議会代表、全国企業連盟(労働保険事務組合)専務。社労士界でその名を知らない人はいないと言われる、日本社労士界の中心的人物。社会保険労務士及び行政書士の受験指導に留まらず、全国各地で講演を行い、後進の指導にあたる。特に「河野順一の開業塾」は有名であり、その学習は他の類似開業セミナーとは一線を画し、多くの優秀な人材を輩出している。現在の司法制度に関する提言を行い、様々な機関紙上で論文を発表しているため、各省庁関係者とのパイプを持つ。最近では平成10年社労士法改正の原動力となり、規制改革に関する社労士会のオピニオンリーダーを務めている。また、長年にわたる資格試験受験指導および独立開業指南の経験を活かして多数の書物を出版している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

社労士横断整理〈平成19年度版〉 (社労士ナンバーワンシリーズ)

PR:おすすめ書籍

社労士横断整理〈平成19年度版〉 (社労士ナンバーワンシリーズ)

TAC出版
価格:¥ 1,680
【内容(「BOOK」より)】
本書は、社会保険労務士試験の合格水準に到達するために覚えておきたい重要事項を整理し、知識の定着を促すことを目的として編成したものです。

実戦 年金アドバイザーの手引〈2007年度版〉

PR:おすすめ書籍

実戦 年金アドバイザーの手引〈2007年度版〉

森萩 忠義 経済法令研究会
価格:¥ 2,730
【著者略歴より)】
森萩 忠義 1938年宮城県仙台市生まれ、1964年東京経済大学経済学部卒業、社団法人日本経営協会勤務中の1975年に社会保険労務士を取得。1977年に退職し森萩経営労務管理事務所を設立し、所長として中小零細企業の人事・労務管理の指導に携わるかたわら、社会保険庁の社会保険相談員や社会保険委員の研修の講師、全国社会保険労務士会連合会および東京都社会保険労務士会の講師、その他に金融機関や民間企業の各種研修の講師も勤めているが、現在、社団法人日本経営協会の参与でもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

保険にまつわる体験談!自動車保険の選び方について

保険会社のおすすめ情報 自動車保険を選ぶ時、支払う保険料、受取額(補償額)、様々な条件を基にまず保険会社を選んでいると思います。
そこで意外と知られていないのが、事故を起こした際の示談交渉の能力です。
保険会社、または担当者によってこの能力は大きく異なります。

私が過去に契約した保険会社は4社程になりますが、その4社の差は驚きます。
事故をおこさず何も無ければ気付かない事かもしれませんが、安かろうま[…]

続きを読む